2016年9月16日 (金)

カラシビつけ麺 鬼金棒

ちょっと前に何の番組だっけなー❓
テレビで『鬼金棒』が紹介されていて、

無性にあの強烈な

シビレ

カラミ

をまた体験したくなり、夜勤明けで
神田のお店へぶらりと…

むっ… これはまた… この暑いのに

お店は大行列❗❗❗

マジっすか。
お店前に10人以上並んでますよ。

お腹空いた…

ん~ しょうがない。今日はラーメンの方を食べたかったけど、すぐそばにあるつけ麺の方を食べるかー💨

Dsc_0397

『カラシビつけ麺』の本日はカラ増し&シビ増しで。

どちらも最高で鬼増しが出来るけど、流石に
おいしく食べられる気がしないので、ちょっと自重。

では、いただきます❗❗

やっぱり、うまっ☀☀☀
濃厚でビリビリと刺激的なスープが麺に絡み付いて
食べてて楽しくなってしまうくらいです。

多少の妥協でつけ麺の方に来たけど、こっちも
負けず劣らずですね。

でも、今度こそはラーメンの方を食べたいな❗
しばらくはまだ鬼金棒熱が覚めなそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

塩生姜らー麺専門店 MANNISH

ラーメンのブームって、その時期で
コロコロと変わるもんですが、そもそも
『ラーメン』ってもの自体のブームって、
一時より熱が冷めたような…?

自分的に、ラーメン食べまくってる場合じゃ
ない年齢になったから… ということだけじゃなく、
うまいラーメンのためなら、どこまでも行くし、
何十分でも待つんだ!っていう熱ってまだまだ
あるんですかね??

今やそこそこおいしいお店なら、いろんな
とこにあるような状況になってますしねー。

そんな前置きはさておき、またラーメンの
ジャンルに一石を投じるお店が神田に出来た
ので、お昼休みに行って来ました。

その名も

『塩生姜らー麺専門店 MANNISH』

Dsc_0135

神田西口商店街を抜けて、交差点の向かい。

いつの間にか行列が出来るようになった
土鍋麻婆がウリの『五指山』のあるビルの
地下に、おそらくBARの間借りでオープン。

カウンター数席の小さなお店です。

Dsc_0132

メニューは… 塩生姜らー麺とつけ麺の2択。

んー… つけ麺好きだけど、淡麗系の塩なら
やっぱりらー麺かなー??

ということで、

塩生姜らー麺の味玉入りを注文。

Dsc_0133

見た目はまさに淡麗系の塩らー麺ですが、

おっチャーシューではなく鳥モモ肉が3枚。

かいわれがのっていて、色鮮やか♪

では、いただきます!!!

Dsc_0134

おっ、おおおおっ
こりゃすごい。

すごい、生姜!!!

生姜風味じゃないです。

生姜!!!!!

スープは丁寧にとられているようで、黄金色に
透き通っています。淡麗系にしては結構オイリー
で鳥油がきいてますね。

ぎゅーっと旨味が凝縮されていて、
とてもおいしい☆ミ

麺はツヤツヤで弾力のある中太ストレート。
塩とはいえ、パンチのあるスープなので、
これくらいの太さがあっても、スープが
負けていません。

鳥チャーシューはかなりしっかりした
味付けで、巨大な炊飯器のようなもので
長時間煮てあるのか柔らか♪♪

総じて、クオリティが高く満腹度も
かなりあり。まだ若干肌寒い今日には
身体がポカポカしていいですね!!!

神田の淡麗塩らーめん事情も
『そめいよしの』の一人勝ち状態から
先日開店した『なな蓮』も加わり、
面白くなってきましたね。

良いお店が増えて、うれしいです☆ミ

いやしかし、生姜すごいなー…

食後しばらくたっても舌がジーンと
なってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

横浜家系ラーメン 極味家

流行っては消え、また違うブームが発生する、ラーメンのブームって本当に目まぐるしく変わるようになっていますが…

横浜のラーメンといえば、
 
 『横浜家系ラーメン』
 
ですよね?!
 
サンマー麺も確かにそうですが、ブームまでは… でしたし。
 
ぼくもこのブログを始めた当初は、家系ラーメンをはしごして、好みの味を追い求めたりしていましたが、その後に来た
 
 『豚骨魚介』
 
の波に乗り、あまり食べなくなっていました。
 
そんな時を経て、少し前に会社の同僚と飲んで帰った時に、その場の勢いで家系の総本山
 
 『吉村家』
 
に入りましたが…
 
いやー…
 
「家系ラーメン、やっぱり旨いなっ!!!」
 
ちょくちょく神田辺りでは食べてはいたけど、ナゼかこの時の吉村家は本当においしかった!!!
 
と、何が言いたいかというと…
 
 第二次家系ブーム
 
が来ています。(自分調べ)
 
ということで、今日は家系ラーメン店をご紹介。
 
相鉄線 天王町駅から徒歩1分。
 
2015_0519_kiwamiya_0001
 
ド派手な装飾が目を引く家系ラーメン店
 
 『極味家』
 
です。
 
ネット調べで、ぼくの大好きな『壱六家』に似たクリーミー系の家系ラーメンだということで、とても楽しみです。
 
店内は
 
2015_0519_kiwamiya_0007
 
これまた派手ですね。
 
通な人は『商店系』と呼ぶらしいです。
 
卓上には
 
2015_0519_kiwamiya_0005
2015_0519_kiwamiya_0006
 
胡椒、にんにく、豆板醤、ごまなど、家系にあってほしい調味料がほぼ網羅されており、千切り生姜と刻み玉葱まで用意されています。
 
写真には写ってませんが、ライスを注文した方用のきゅうりの漬物まであります。
では、基本の醤油豚骨をいただきましょう。
 
2015_0519_kiwamiya_0004
 
ん?!!! 醤油を注文したけど、塩豚骨かのように色が薄い。
 
大ぶりの刻み長ネギが特徴的ですね。
 
2015_0519_kiwamiya_0002
 
とりあえず、一口… スススス… ゴクリ。
 
わー…、これだっ!!! どストライクに好きな味です!!
 
トロリと濃厚で口に含むと、口の中がこのスープ一色になります。水っぽさを一切感じない、乳化したスープの旨みがしっかりと残りますね。
 
確かに見た目通りに、醤油の風味は抑え目ですが、ぼくはこの位がベスト。
 
本家『吉村家』のようなエッジの効いたカエシの味も好きですが、こちらのお店の方が好みですね。
 
2015_0519_kiwamiya_0003
 
そこに合わせる麺も、しっかりとした製麺所で作っているものらしく、小麦の香るモチモチとしたおいしい麺です。
 
なんだよ… こんな来易い場所に、ここまでストライクなお店があるなら、もっと早く来れば良かった!!!
 
これから、会社帰りはここの誘惑に葛藤することになりそうだな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

石庫門

さーて、今日もお仕事、お仕事…

と仕事の準備を始めてると、会社の同僚のK氏がニコニコと近づいてきて

『神田に良いお店が出来たよ』

と。

この時点で、カレー好きの僕好みの『カレー店』か激辛党のK氏好みの『激辛店』かどちらかなのですが…

今回は…後者だった!!!

神田のガード下に出来た、石庫門。

このお店で扱ってる、

1416030803371.jpg

この激辛ハバネロ担々麺を食べに行こう!!と…

担々麺ってだけでも、それなりに辛いのにハバネロ!!!

しかも、辛さのランクは『弱』からMAXは『激』まであるし…

すごく、面白そうだけど

これはすごーく、危険な香りがする…

んー…

んーー……

今回は

1416030806656.jpg

普通の汁無し担々麺!!ひよった!!!

全然、面白くない人になってるが、

1416030809388.jpg

知らん!まずは、初見のお店だしベーシックなとこをね。(言い訳がましい…)

そして、こちらがK氏のオーダー

1416030811943.jpg

ハバネロ担々麺の『激』。

赤がとても鮮やかです。トマトじゃありません。この赤い物体が全部ハバネロです…

どう見ても、危険な物体にしか見えません!!!

そのお味はというと…

一口もらって、ズルズルと…

普通の汁無し担々麺は細麺だけど、こちらは必要以上にタレを持ち上げたら危険なのか、モチモチ太麺。

うーん… モグモグモグ… あれっ?これ、美味しいんじゃない??

ん?!!

…………………いだだだだっ!!!!

かなり時差で来た!!!

ダメです!これはダメ。

一口でこれじゃ、完食なんて…

…………目の前でK氏が嬉しそうにモリモリ食べてる 。

多少汗はかいてるけど、楽しそう。

確かに、普通の汁無し担々麺の細麺よりそっちの太麺の方が好みだけど。

今度は僕も『弱』でチャレンジしようかな?

『激』ですか??

あれはやっぱりダメかな… 辛さにはそれなりに自信あるけど、オソロシイです((((;゜Д゜)))

あっ、肝心な味についてほとんど書いてないですが、流石に高級中華料理店『過門香』の姉妹店。

四川のスパイスが効いた、とても美味しい汁無し担々麺でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

鶏そば ATORI

ここしばらく地元近辺のことばかり書いてましたが、ひさしぶりに職場の近くでおいしいラーメン屋の新店に出会ったのでご紹介!!

JR神田駅の西口から徒歩3分ほど、有名ラーメンチェーン店『天下一品』の脇の路地を抜けるとこちらのお店があります。

2014_1030_atori_0007

濃厚鶏スープのラーメンが食べられるお店

『鶏そば ATORI』

神田周辺を知ってる人には『神田ヂンギス王』の1階と言った方が、分かりやすいかもしれませんね?

この場所は過去にもいろんなラーメン屋が出来ては消えていった

『鬼門』

とも言える所なのですが、今回のお店はどんなものか…

 

店内のレイアウトは前店舗の居抜きのままで、コの字カウンターのみで席数は10席程度。

白い壁にはゴチャゴチャとしたメニュー書きなどはなく、うっすら素材のこだわりが書いてあるのみ。見ようによってはオシャレなビストロのような落ち着いた雰囲気です。

接客についても穏やかで、丁寧。

女性も入りやすいお店かもしれませんね。

さて、メニューは…

2014_1030_atori_0006

2014_1030_atori_0005

店名にある通り、ベースは全て濃厚鶏スープ。

味つけはそれぞれにこだわった素材を使った、

しお しょうゆ みそ

鶏白湯系のお店で、塩の他に醤油や味噌があるのって意外ですね。

でもまぁ、初めて食べるならやはり…

2014_1030_atori_0003

『濃鶏味玉しお』を今回はオーダー!!

高圧力窯で鶏ガラ、もみじ、野菜などをガッツリ煮込んでるらしく、麺が見えないほどにスープは白濁して濃厚。

チャーシューは鶏と豚の2種類入っており、白ねぎと青さが添えてあります。また焦がしネギが見えますね??

2014_1030_atori_0001

ではまずスープから… ズズズ… ゴクリ。

おぉっ、見た目に負けない濃厚さ!!口に含んだ瞬間から、口の中全体が鶏の旨み、野菜の甘味に支配されます♪

その濃厚な飲み口の中に、焦がしネギのほのかな苦味と甘味が効いていて…

これは、おいしいですよ!!!

今回は選択できるストレート麺とちぢれ麺から

2014_1030_atori_0002

ちぢれ麺を選択。

これを、ズズズズ… モグモグモグ…

当然ながら、スープをガッチリ持ち上げますね!そして、鶏白湯系のラーメンでは太めの麺はモッチリとして食べ応えのある食感。

スープの濃度とちぢれ具合、そして麺の太さ、とてもバランスが良くて、食べていて楽しいです♪

食べ続けていると、青さの風味がスープに溶け出してきて、ちょっと味変要素もあり、この1杯で何かいろんな満足を味わえるラーメンでした。

とても、おいしかった!!ごちそうさま!!!

前述の通り、中々不調が続いてる場所での出店ですが、是非がんばってほしい!そして、とてもオススメのお店だと思います!!

営業時間 11:00~14:30 / 17:30-22:00
定休日 日曜
TEL 03-3526-3041
住所 東京都千代田区内神田3-17-5
URL http://torisoba-atori.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

麺屋 甍 -いらか-

このブログではかなりの数の『ラーメン』店、とくに『つけ麺』のことを紹介してきましたが、濃厚魚介豚骨スープを主軸に栄えたつけ麺文化もちょっと落ち着いてしまった今日この頃…

ちょっと変り種のつけ麺に出会いましたので、今回はそのお店を紹介。

 

みなとみらい線のみなとみらい駅、

最近では『マークイズみなとみらい』がオープンしたり、横浜のデートスポットとしてはとてもポピュラーなエリアですが…

そんなみなとみらいエリアにあって、このお店は『クイーンズスクエア』や『ランドマークタワー』なんかのメジャーなビルではなく、『みなとみらいセンタービル』というビジネスビル?の中にあります。

非常にわかりにくい…

僕らもたまたまぶらっとビルに入って見つけたし…

 

まぁ、そんなことよりお店の紹介。

2014_0913_iraka_0001

漢字一文字の『甍』というお店。

いらかです。イルカじゃありません。

 

メニューには、煮干の文字が多く

 ・濃厚煮干つけ麺

 ・甍 野菜つけ麺

 ・濃厚 辛 煮干つけ麺

 ・白片口煮干の中華そば

 ・塩煮干中華そば

といった具合。

 

煮干系だと… 中華そばを食べるのがセオリーな気はするけど、お店として一番推しなのはつけ麺のようなので、今回は『濃厚 辛 煮干つけ麺』を注文!!

2014_0913_iraka_0005

スープに太麺、レモンが添えられており上には一枚の海苔。

2014_0913_iraka_0004

この麺、おいしそうだなー♪時々、つけ麺を外で食べて… 文字通り太い輪ゴムのような麺を出すようなお店に当たってしまうことがあるけれど、この麺は良い!!

2014_0913_iraka_0003

スープは煮干なんていうから、醤油っぽくてザラザラするほど煮干が濃いスープを想像してたけど、これは…トロトロ??

まずは食べてみよう。

2014_0913_iraka_0002

いただきます!!!

ズズズズ… モグモグモグ…

ムグっ!! この麺はやっぱりおいしいですね♪

モチモチでプリプリで、ほどよいコシがあり小麦の香りのする良い麺です。お店を見まわすと三河屋製麺の麺箱が。なるほど、納得。

そして、スープですよ。

これがおいしい!!!

ただ煮干が濃厚なだけではなく、

豚骨やもみじの旨みが凝縮されたトロトロスープ

まるで香ばしく焼き上げたサンマの塩焼き?

のような魚の旨みがぎゅっと詰まったスープを

一般的な魚介豚骨スープでは豚骨を強く感じるところを、こちらはあくまで魚の方が強く主張しており、豚骨スープがそこを上手く支えているような、とても面白くておいしいスープです。

添えられているレモンをスープに絞れば、焼き魚にレモンをかけて食べる感覚と似た、またさっぱりとして良い風味に変化します。

これは、魚介豚骨つけ麺のまさに逆転の発想ですね。

このつけ麺はオススメ!!!

…この魚の旨みで食べる、塩味の中華そばもおいしそうだな?

今度ためしてみよ。

営業時間 平日 11:00~22:00
  土曜 11:00~21:00
定休日 日曜
TEL 045-651-0949
住所 横浜市西区みなとみらい3-6-1
みなとみらいセンタービル 3F
URL http://www.mm-center-bldg.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

蒙古タンメン 中本

今日の勤務は、

 マジックスパイスでアクエリアスを涼しい顔して食べ…

 激辛スナックを嬉しそうに食べ…

 蒙古タンメン 中本の北極を愛してる…

激辛マニアのK氏が代打登板でうちのチームへ来た。

と、なると仕事帰りは

 飲み? or 激辛?

の二択に概ねなるわけで…

 

今回は、御徒町駅から徒歩3分の

 蒙古タンメン 中本 に来てみた!!

言わずと知れた、辛旨の殿堂でごさいますね?

ま、今回は無目的になんとなく来たわけではなく、そのK氏が最近イチオシにしてる、北極やさいなるものをいただきにきました。

 北極ラーメン … 

辛さのイメージとは真逆の印象を持つ名前の、中本の辛さランクではNo.2のメニュー。辛すぎて寒いのか??

他のメニューでもスープは十分赤いが、このメニューのスープはまさに 真紅。

『紅だぁぁぁっぁぁー!!!』とTOSHIのシャウトが聞こえるような赤。(古っ… 年がばれる)

そんなメニューなので、今までも挑戦はしたかったのだけど、いかんせん具が少なく、具はほぼ麺ともやしと少量の肉と赤い汁のみ。

逃げ場がないわけで…

 

そんな北極ラーメンの野菜追加版、北極やさいなるものを以前K氏が食べてたのを見て、これならいけるかも!と勘違いして今日はやってきました。

 

さーてと、よし、がんばろう… よし!!!

2013_0902_nakamoto_0005

※注 奥にビールがあるような気がするのは、気のせいです。

おぉ、これは具沢山!キャベツ好きには単純に嬉しい♪茹でキャベツ大好き。

しかし、まぁ…

2013_0902_nakamoto_0004

赤っ!!

五目蒙古タンメンでも十分赤いと思ったけど、

『紅だぁぁぁっぁぁー!!!』

それはもういい…

よし!まずはスープからいただきます!!

ズズズ… ゴク…

ん?!

あれ?ウマイ!!!

おっ、あっ、ああぁぁぁぁ… 辛さが追い討ちをかけてきたけど、このメニューおいしい!!

蒙古タンメンに比べると格段に旨みが濃いですね?これを食べると、蒙古タンメンはちょっと辛い味噌ラーメンに思えてきます。

よいしょっと

2013_0902_nakamoto_0002

具が多くて、麺を取り出すのが大変!… モグモグモグ… うんうん、麺と食べてもモチロンうまい☆☆☆

2013_0902_nakamoto_0001

キャベツの甘味がまた、この辛いスープとうまく調和しているのかな?ただ辛いだけじゃなくて、どストライクの味です。

辛い! ウマイ! 辛い! ウマイ!… それでも口の中では、辛さの限界と戦いつつ食べていますが、箸は止まりません。

まさに、辛旨の殿堂『蒙古タンメン 中本』の代名詞のようなメニューでした。

ごちそうさま!!!

 

店外に出ると… 涼しい!!!

汗だくになった身体が風にさらされて、なんともいえない爽快感があります。また来よう。このメニュー食べに。

今までは冷やし五目蒙古がイチオシだったけど、北極やさいに開眼です。

営業時間 月-木 10:30-23:00
  金-土 10:30-24:00
  日-祝 10:30-22:00
定休日 年中無休
TEL 03-5688-1233
住所 東京都台東区上野5-20-3
URL http://www.moukotanmen-nakamoto.com/


大きな地図で見る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

麺や そめいよしの

最近、うちの職場でブームになっているラーメン屋があります。

それは神田に2013年3月にオープンした 『そめいよしの』。

 

桜の名を冠するお店の売りは、極力自然な食材で作り上げた端麗系らーめん。

濃厚系のガッツリとしたラーメンが多い神田で、女性が気軽に入りやすいラーメン店を目指しているお店とのことです。

 

今回はこのブログで初めてご紹介しますが、実際は

既にかなり通っています!

本当においしい。端麗系でここまで魅力的なラーメンは少ないです。

 

そんなお店のメニューの二枚看板、醤油 塩から

今日は

2013_0710_someiyoshino_0004

塩らーめんをご紹介。

もう見るからにツヤツヤと黄金に輝くスープ、おいしそうです。

具はメンマ、チャーシューに小松菜?と玉ねぎと白髪ねぎ。

2013_0710_someiyoshino_0003

麺は細いが粒々と斑点が見える辺り、全粒粉を使用してるのかな?モッチリさとブツっと歯ごたえがあるコシとが上手く調和しており、スープとの相性抜群。

2013_0710_someiyoshino_0002

スープは口に含んだ瞬間から、見た目とは想像できないほどギュっと濃縮された鶏の旨みを感じます。そこを雑味なく丁寧にとられた魚介系のダシがガッチリと支えており、もはや

端麗濃厚系

という相反する言葉をつなげたくなるようなスープです。

卓上に塩分調整用の岩塩が用意されていますが、特に必要ない位にそのままでおいしいらーめんです。

2013_0710_someiyoshino_0001

こちらは同僚が注文してた『炙りチャーシューご飯』。

なにこれおいしそう… 今度注文しよ!!!

神田ラーメン激戦区に端麗系の名店登場です。これからの神田界隈の流れが変わりそうな1杯ですね。

営業時間 平日11:00~23:00
  土曜11:00~21:00
定休日 日曜・祝日
TEL 03-5577-6466
住所 東京都千代田区内神田1-18-2
URL http://kandasomeiyoshino.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

麺処 花田

『いっやー、うまかったっすわー!』

食べ物の話で同年代に、こんな表現をされるお店って意外と少ない。

僕自身も特にグルメぶるつもりはないですが、色々な所でご飯を食べていると

『おいしい…けど、あそこのお店に似てるかな?』

とか

『やっぱり、こういう味だよね?予想通りかな??』

とか、思うことが多く、新鮮な感動を味わうことが最近少なく… しかも、ラーメンってジャンルとなるとその傾向が強く…

みなさん、突き詰めていくと同じ方向へ収束するのは当然ですけど、何となく気持ち的に残念なわけで…

でも、そんな一言を会社の同僚から聞かされたからには

2013_0322_hanada_0001

来てみるしか!!

元、ラーメン店で店長をやっていた経験もある同僚を唸らせたお店『麺処 花田』。

濃厚な『味噌ラーメン』をメインに据えて、ここ最近支店を徐々に増やすなど、勢いのあるお店です。確か池袋が本店だったかな?

実は少し前にこちらにはつけ麺を食べには来ているのだけど、今回はその同僚を唸らせた『味噌ラーメン』を食べに来てみました。

さて、食券を…

う、うーん… 辛味噌ラーメンで!

またオーソドックスな味噌ラーメンを外してしまいましたが、そこはご愛嬌。

ちなみに注文時にサービスライスの有無と野菜とにんにくの増量をするかを聞かれます。今回はライス有り、野菜増し、にんにく増し無しで。

で、到着したのがこちら!!

2013_0322_hanada_0005

おぉ、中々野菜の盛りが良いですねー♪ ライスは小さな小鉢に3口程度でした。このサイズならちょうど良い。

2013_0322_hanada_0003

そして、スープはと… ズズズ…

おわっ… これは!!

超濃厚!!

濃い、濃いとは聞いてたけど、ポタージュのごとくトロトロです。

なるほど、これがベジポタ系の濃度MAXなラーメンにあたるのかな?

豚骨ベースのスープながら、玉葱やじゃがいもなどを溶けるまで煮込んでスープに溶かし込んであるそうで、これは

確かに、ウマイ!!!

動物系スープのみで濃厚さの頂点を目指すお店が増殖した時期に、野菜でトロミをつけるベジポタ系のラーメンが一石を投じた時期があり、僕も食べには行ってみたことはあったのですが…

ここまでクリーミーで動物系スープとうまく調和したベジポタ系のラーメンは初めてでした。

2013_0322_hanada_0004

当然、麺との絡みも抜群。このドッシリしたスープを受け止めるなら、このぐらいワシワシとした食感のある麺が合いますよね?

2013_0322_hanada_0002

卓上には、一味唐辛子、山椒、お酢の用意もあり、いくらベジポタとはいえ、濃厚さに疲れた場合には、味変も可能。

僕自身もお酢で少しまろやかに、唐辛子と少量の山椒で味変を楽しみました。山椒を入れるとガラリと趣きが変わって良いですね。

いやー、確かにうまかった!!

近々、また来たいですね。

というか、これ書いてると今食べたくなってきた (TnT) !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

麺処 夏海

今日は会社のみんなで仕事帰りに、つけ麺ツアー!!

休みのメンバーまで駆り出して、つけ麺ツアー!!

既に何回か訪れており、会社メンバーの中でも、とても評価の高い東十条のつけ麺店『燦燦斗』へ!

 

そんな… 

まさか…

うそでしょ…

 

 

今は夜営業しかやっていないとか!!

がっかり感ハンパない…

このお店だからこそ、夜勤明けに集まった仕事メンバーや、休みなのにわざわざ楽しみしてきた彼とか… これはかなりグッときます…

 

ま、まぁ、このまま撤収もなんだし、今回のツアー主催者のラッフィーさん先導で『麺処 ほん田』が同じ場所で曜日限定で開いているという、二毛作店へ移動…

 

おいっ…

 

ここもやってない!まぢかっ!!!

 

うーむ… もうなんだか… このまま解散しちゃってもよいんでは?という展開ですが、一縷の望みをかけて、赤羽へ移動し『ほん田』の姉妹店『夏海』へ。

おぉ、ここはやってた!こちらのお店、最近は行列が出来るほど人気と聞いて、一度は来てみたいと思ってたし。

さてと、このお店の特徴的なメニューといえば、端麗系の豊穣清湯醤油や塩のらーめんになるのかな?

でも、今日のお腹は…

2013_0306_natsumi_0004

つけ麺なのだ!具材全部入りの煮干豚骨特製つけ麺で!!

チャーシューは1枚が一般的なバラチャーシューで、もう一枚が『ほん田』の代名詞の低温調理チャーシューですね。

味玉は『ほん田』お得意の大人の味玉ではないのかな?普通の味玉のご様子。かいわれが散らしてあるのもの面白い♪

2013_0306_natsumi_0005

おぉー、これは確かに濃厚そう。細かな泡がスープの表面で消えずに残るほどの粘度ですね。

2013_0306_natsumi_0002

このスープに麺をくぐらせてと… ん!うまい!!

こりゃまた、かなり濃厚だっ!煮干の香りもかなり強く、インパクトのとても強いスープですね。想像通り粘度もかなり強く、合わさった唇がペタっとくっつくほど。

2013_0306_natsumi_0003

こちらは追加でトッピングした辛味。

1人分には明らかに多い量で、耳かき程度の量でもかなり味にピリリとしたアクセントがつきます。これ、おいしい♪

最後には全部投入してみましたが、まったく別の食べ物になっていました(笑)僕にはおいしく味わえましたが、辛いのが得意でない方は止めておいたほうが良いでしょう。

ふむふむ、人気店になっているというのも納得。

 

ただ、この満足できない感覚は、ここは

『燦燦斗』

ではないってことだけかな?

とても楽しみにしてただけに、胃や舌が待っているものが違うと…

まぁ、こんなこともあるかな?もっと良いコンディションの時に、あらためて来てみたいな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧