« SOUL STORE | トップページ | 金福楼 »

2012年9月17日 (月)

舎鈴

最近はつけ麺つけ麺、あんまり騒がれなくなりましたね?

自分も『つけ麺』ってジャンルを結構ガツガツと攻めていた時期がありましたが、最近はそこまでの情熱は…もちろん、食べればおいしいんですけどね?

基本的にコッテリスープに極太麺をワシワシと食べるっていうスタイルなので、減量時に敬遠してたのもあるんですけど…

 

まぁそんなことはさておき、

自分にとってつけ麺っておいしいもんだな?と初めて思ったお店は

『東池袋大勝軒』

で、

つけ麺にどっぷりハマるきっかけになったお店は

『六厘舎(大崎時代)』

なわけですが、そんな六厘舎の別ブランド『舎鈴』が職場の近く『iiyo!』に入ったということで、仕事仲間とぶらり立ち寄りでございます。

 

2012_0917_sharin_0006

まずはね、これですよ。お昼ですが、僕は仕事上がり!お昼休みでご飯中の皆様には申し訳ないがががが!!!

そして、六厘舎のさらに別ブランド『トナリ』の唐揚げも食べられるそうで…

2012_0917_sharin_0005

この通り。う~ん……… んまぃ!!!

仕事上がりはこれですよねぇ… ん??

あぁ… これじゃ趣旨が違う。

ということで、

2012_0917_sharin_0004

辛つけ麺の肉ほぐしトッピング、いただきます!!!

2012_0917_sharin_0003

一応、比較のために自分が六厘舎で食べそうなスタイルで試食です。

2012_0917_sharin_0002

麺はどうでしょう?つやがあっておいしそうですが、六厘舎より少し細めかな?

2012_0917_sharin_0001

ではでは… ズズズッ… モグモグ…

おっ あっ うまい♪

実は赤羽駅構内に、このお店が出来た時に一度食べてるわけですが、接客がまだヒドいは味も正直…な状態だったので、あまり期待はしてなかったのですが、あれ??おいしいですよ???

味の土台は流石に六厘舎のものを感じますが、こちらは鶏の風味が強くライトな印象。これが赤羽のお店では

『コクがない気の抜けた六厘舎』

と感じてしまいましたが、今日食べた印象ではライトながら味の完成度は比較的高く、これはこれで良いかもしれませんね。舎鈴出店後に赤羽で試行錯誤でもしたのかな?

特にOLさんが多いこの丸の内エリアで勝負するなら、これが正解なのかも。

丸の内のど真ん中で極太麺のつけ麺、アリです!

|

« SOUL STORE | トップページ | 金福楼 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/56337080

この記事へのトラックバック一覧です: 舎鈴:

« SOUL STORE | トップページ | 金福楼 »