« スープカレーのハンジロー | トップページ | つけめん TETSU »

2011年1月12日 (水)

トナリ

六厘舎の快進撃は止まらない…

大崎の本店が 行列が出来すぎて近所迷惑 という、なんとも理不尽な理由で撤退となった今も、東京のお店は大行列。

セカンドブランドのジャンクガレッジも好調のようだし。

そんな六厘舎がいつのまにか、さらに新しいお店を展開してたとはまったく知らず…迂闊!! しかも、大崎の本店のトナリからジャンクガレッジが移転した後のスペースを使っていたらしい。

その名も 『トナリ』 …隣だから、トナリ?らしい。なんか韓国料理屋にありそうな名前ですが、深い意味はないそうで。

20101223_tonari_0002

で、こちらがどんなお店かというと…

タンギョウ?タンカラ??タンつけ???

ギョウザ?カラアゲ??

…えと、なんのお店ですか?

20101223_tonari_0001

まぁとにかく母体がつけめんのお店だし、つけめんっぽいタンつけとやらを食べてみようかな?

と、タンつけを注文して席に座ってると

『生姜はつけますか?』と。

『じゃあ、お願いします!』

20101223_tonari_0007

ハイ!おまちどうさまです。

おぉ、来た来た!やってきました『タンつけ』。これはまた野菜いっぱいですねー?ちゃんぽん??いや、違うはず。

20101223_tonari_0009

20101223_tonari_0008

麺は六厘舎だけに、やはり浅草開化桜なんですね。つややかな太麺はつけめんとしては、おなじみのもの。

20101223_tonari_0006

追加でつけた生姜、けっこうガッツリのってます。

20101223_tonari_0003

さーて、スープは?…あっるぇ~?なんか白くて、良く知ってる長崎方面のアレに似てる…いやいやそんなわけは、ズズズズ…

あっ ちゃんぽん だ。

20101223_tonari_0004

たっぷり入ってる野菜も、大体ちゃんぽんに入ってるものかなー?さすがに豚骨スープの旨みが普通のちゃんぽんの比ではなく濃いですが。

麺もとても存在感が強く、ちゃんぽんを麺・スープともにこだわって強化したらきっとこうなるのではという趣き。

追加した生姜はこのスープに非常に合う!濃厚なスープに酢を追加してみたりしたけど、おぉこのほうがおいしいかも!!

ただ、お店全体が生姜のスースーした香りで満たされてて…目がシパシパする!不思議なお店。

営業時間 11:00~22:00
定休日 年中無休
TEL 03-3240-6066
住所 東京都千代田区丸の内2-7-3 B1
URL http://r.gnavi.co.jp/e533211/

|

« スープカレーのハンジロー | トップページ | つけめん TETSU »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/50640495

この記事へのトラックバック一覧です: トナリ:

« スープカレーのハンジロー | トップページ | つけめん TETSU »