« とんかつ 赤城 | トップページ | GAVIAL - ガヴィアル - »

2010年10月26日 (火)

つけめん 三三なな

先日鶴見駅の『とろとろ肉そば てんか』へ行ったものの…臨休アタックを受け思いがけずこのお店の母体、『つけめん 玉』へ行ったわけですが

やはり、さすがの人気店

おいしかったですねー?!あれほど行き難い場所にあるにも関わらず、評価が高いのもうなずけます。

だからってわけではないですが、今日はこちらのお店の方に来てみました。

JR川崎駅から徒歩7~8分の場所にある『つけめん 三三なな』。

20101018_337_0001

さて、前回は濃厚系の二番搾りを食べたので、今日は別メニューで一番搾りを

…って、え??

20101018_337_0008_3

新メニューハッケン!一番搾り、二番搾りときて、辛搾りか!!濃厚系のスープのお店の辛つけ麺メニューはあまりハズレがないし期待♪

20101018_337_0007

ということで到着した『辛搾り 味玉トッピング』。

スープけっこう赤い!

20101018_337_0006

糸唐辛子がフサフサと乗っかっていて、青ネギがたくさん。赤と緑のコントラストがきれいですね。

フチのスープのトロトロしたところからすると、二番搾りがベースなのかな?挽肉らしきものが浮いてるのも特徴的。

20101018_337_0005

麺は共通の極太ストレート麺、全粒粉の粒々が見えます。

20101018_337_0003

今回はまずスープからいってみようかな?

ズズズッ…サクサクサク…ん??

サクサク???

えっ?!坦々風のスープなので挽肉かと思ったら、これ

サクサクに仕上げられた鶏皮だっ!

トロリとしたスープは赤唐辛子由来の辛さで味付けされていて、さらに粒々のお肉の食感があり…

そして胡麻を使わずとも元々スープがすごくトロミがあるので、スープを口に含むと口の中が坦々風なのに食べているのは

けっきょくのところ

全部鶏

辛い味付けの麺を作るにあたって、どういう方向性でいくか考えたときに、坦々風ってとこまでは普通に思いあたると思うけど、その『挽肉っぽいもの』を鶏皮でって!

すっごい、この発想。

20101018_337_0004

前置きが多くなりましたが、このスープで麺を絡めて食べてと…うん!うまい!!ですよね?これは想像通りのうまさというか、脱帽です!

辛さについては、スープの赤さのわりにベースのスープの味より出すぎているわけでもなく、ほどほどなので辛いのが苦手な人でも大丈夫じゃないかな?

20101018_337_0002

最後はスープ割りを。

湯気とともに柑橘系の香りがふわっと香ります。ここまで濃い目のスープでつけ麺を食べてきたので、シメにこれを飲むと口の中がリセットされますね。

いやー、結局一番搾りを食べてないわけだけど、今日はこのメニューが食べられて満足!こういう風に驚きがある趣向を凝らしたメニューを食べられるのは嬉しいです♪

営業時間 平日 11:00~15:00 17:00~23:00
  土日 11:00~ スープ切れまで
定休日 不定休
TEL 044-246-0076
住所 神奈川県川崎市川崎区小川町9-7

|

« とんかつ 赤城 | トップページ | GAVIAL - ガヴィアル - »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/49906808

この記事へのトラックバック一覧です: つけめん 三三なな:

« とんかつ 赤城 | トップページ | GAVIAL - ガヴィアル - »