« POMPADOUR -ポンパドウル-
鎌倉珊瑚礁チキンのからあげカレーパン
| トップページ | 新しい家族 »

2010年7月17日 (土)

豚麺研究所

この怪しげな看板。

20100716_butamen_0008

呼んで字のごとく、神田駅南口から日銀通りに入ったところにある

20100716_butamen_0007

豚麺研究所のものなんですが、なんかこう…怪しいですよね。研究所だし。そんな豚麺研究所に今日は会社の後輩と来店。

20100716_butamen_0002_2

おんやー?本当はお店の名前、『神田 豚麺研究所 香』なのかな?んー??まぁいいか。『豚麺研究所』で!!

さーてさて、今日は何を食べようか…グリーンカレーまぜそば大好きだったのに、今ないんだよなー?んー、なんかおいしそうだし同じまぜそば系の『ポークまぜそば』にしてみよう。

食券を渡すと、

『辛さは小辛・中辛・メガ辛・辛さなしのどちらにします?』

と!!

うっ、辛さを選べるとな…むむむむむ…

『じゃあ、メガ辛で!!』

ふっ、中本ほどの辛さはないだろうて!いけるはず!!

20100716_butamen_0003

メガ辛のポークまぜそば到着!

このお店、強人辣油っていわゆる『食べる辣油』を販売してたりするのですが、辛さはそれを使用しているようです。

麺の上にこんもりと盛られています。

20100716_butamen_0004

じゃあ、その辣油は混ぜずに様子見で一口…なんてことはしない!全部混ぜで一口…ん!うまっ!!

確かに辛いし、鼻のあたまに汗をかいてる気がするけど、おいしい辛さ。メガでも辛さは余裕かな??

あっコレにグリーンカレーソースをプラスしたら、この前のグリーンカレーまぜそばかな?トロリとコクのあるタレが麺に絡み、やっぱりここのまぜそばおいしいー♪

開店直後にはいまいちだな…と正直思ってしまっていたけど、このお店はすごい進化してますね?かなりおいしい!!

20100716_butamen_0001

この調味料を使って自分で自在にアレンジが出来るし、そういった面でもこのお店は楽しいな?!

20100716_butamen_0005

ちなみに普通のまぜそばとポークまぜそばの違いは、この角煮がデーンと二切れ入ってるか、入ってないかの違いのようです。

この角煮、というか味付けや仕上げ方からするとトンポウロウ?…めちゃくちゃおいしい!!

ラーメン店、中華料理店、カレー店、いろいろなところでこういった仕上げ方をした豚肉を食べてきましたが、脂身は油分が落ちてプルプルのコラーゲン部分のみ残っているし、身の部分はホロホロ。

味付けは薄甘く上品に仕上げてあるし、すごく理想的な仕上がりです!うまっ!!

20100716_butamen_0006

ん?!食器を上げようとして、気づいた。

ぼくらは研究員だったのかー!!

たしかに、トウガラ酢はこのくらいが理想かな?辛子はたっぷりがいいな?とか、研究してた!!んー、とりあえずおいしかったから満足。

営業時間 平日 11:00~23:00
  土曜 11:00~14:00
定休日 日曜
住所 東京都中央区日本橋本石町4-4-15
URL http://www.ramenkenkyujo.com/butamen/

|

« POMPADOUR -ポンパドウル-
鎌倉珊瑚礁チキンのからあげカレーパン
| トップページ | 新しい家族 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/48894548

この記事へのトラックバック一覧です: 豚麺研究所:

« POMPADOUR -ポンパドウル-
鎌倉珊瑚礁チキンのからあげカレーパン
| トップページ | 新しい家族 »