« 焼肉 ろぐ亭 | トップページ | 壱六家 »

2010年6月26日 (土)

六厘舎 TOKYO

今日は『六厘舎 TOKYO』で『あること』がしたくて、会社の元同僚の方(今は隣の部署)とお店へ来てます。

ぼくは六厘舎へ行くと、海老とゴマの香りとピリッと辛味の効いた辛つけめんをいつも注文してるのですが、

20100626_rokurinsha_0003

この辛味粉をスープに入れて満足してました。十分満足。

しかし!

六厘舎のつけめんをネット販売している『勢天』というサイトの辛つけめんページに、この辛つけめん用の粉末が別盛りになってるのは、スープに溶くだけではなく

麺に絡めても美味しいから!!

と書いてあるじゃないですか!

よく行く『麺どころ 魁』でこの食べ方が美味しいの実証済み(⇒その食べ方)だし、六厘舎でこれをやったら、これもかなりおいしいに違いない!

ということで

20100626_rokurinsha_0004

いつもながらおいしそうな、この辛つけめんの

20100626_rokurinsha_0007

スープに辛み投入!!

20100626_rokurinsha_0008

そして辛みをおかわり(無料)してさらに麺に投入!!

20100626_rokurinsha_0009

この状態で食べてみました!ツルツルモグモグモグ…

ん!!!すごい…スープに溶かしてしまうより、海老の香ばしさが口いっぱいに広がって、いつも食べていた辛つけめんとはもはや別の食べ物です。すっごいおいしい!!

この辛味粉は一皿でもけっこう辛いので、辛いのが苦手な方は二皿いくのは注意が必要ですが、この食べ方アリです♪

20100626_rokurinsha_0002

20100626_rokurinsha_0010

食べ終わったら、卓上に用意されてるゆずの華でスカッとした香りをプラスしてスープ割りを。

これもまた海老の香りすごいなっsweat01 湯気が立ち上ると柚子の香りとともにふわっと香ります。ふ~満足!この食べ方リピート確定。

営業時間 11:00~22:30
定休日 年中無休
TEL 03-3286-0166
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街
URL http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

|

« 焼肉 ろぐ亭 | トップページ | 壱六家 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/48774132

この記事へのトラックバック一覧です: 六厘舎 TOKYO:

« 焼肉 ろぐ亭 | トップページ | 壱六家 »