« スープカレーのハンジロー | トップページ | おつかれさま »

2010年6月 6日 (日)

ありがとう

君がわが家にやってきたのは、僕が18歳の時。

君はとても臆病で弱々しくて、小さな物音にビクっとしたり、すぐ物影に隠れたりしてたね。

でも、わが家を自分の家と認めてくれて、僕と仲良くなってからは、お気に入りのオモチャでいっぱい、いっぱい遊んだね。

時には自分からオモチャをもってきて催促したりして。

フカフカな物が大好きで目を放すと、取り込みたての洗濯ものや、毛布に乗っかってたりして、飽きれられたりもしてたね。

Kuri001

Kuri002

でも、みんな君を大好きだったし、君が幸せそうな顔をしてると、本気で怒ったりはしなかったね。

そう、みんな君を大好きだったから。

大好き過ぎてギューって抱きしめたり、ちょっかいを出す人を君はイヤみたいだったけど、それは許してあげてね。

Kuri003

そんな君も今やおじいちゃんの歳になって、いつの間にか歳を追い越されちゃったね。

自由気ままで、グルメな性格は歳を追うごとに拍車がかかってきた気がするけど、元気にごはんを食べられるうちには、おいしいものをあげたいね?って家族で話してたの、分かってたかな。

Kuri004

だけど、一昨日から噛んで口にするものは食べられなくなってしまったね。

大好きなお肉もおさしみも、顔をそむけるようになってしまったね。

病院の先生には腎臓が弱りきってて、気持ち悪くて仕方ないはず。

もう数日かもしれないと診断されてしまった…

今口にしてくれるのは、ミルクと水だけ。

どんどん弱ってく君に何もしてあげられないのがくやしい…立って歩くのもやっとの君を病院に連れていくのも負担になってしまうし。

今日の朝は5時に起きてしまった。まだ君はがんばっている。

まともに食べられない今、とても…想像しがたいほど辛いはず。

まだがんばってほしいと思う反面、もう休んでいいんだよとも言ってあげたい…

こんな日に仕事に向かわなければいけないのは、正直つらい。

今日はまっすぐ帰って、君に会いに行くから…ね。

|

« スープカレーのハンジロー | トップページ | おつかれさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« スープカレーのハンジロー | トップページ | おつかれさま »