« アントニオ猪木酒場 | トップページ | 木多郎 鎌倉店 »

2009年3月20日 (金)

大ふく屋

今日は仕事明けに、またも家路とはまったく反対の方向へ来ております。とはいっても、松戸の時は東。今回来たのは北方向の赤羽。

会社の同僚オススメのラーメン屋があるということで、遠征です。

Daihukuya011

ということで、やってきたのは『重厚煮干中華そば 大ふく屋』。あの超有名店『せたが屋』の店主プロデュースの別形態店らしいです。

Daihukuya010

メニューはと、

Daihukuya009

大きく分けて、中華そばと重厚中華そばに分かれてるんですねー?ん~ここはやはり、お店の名前にもなってる重厚系の方かな?

Daihukuya006

よし、重厚つけそばと、おいしそうなので黒ぶた餃子をたのんでみよう!

Daihukuya008

ひとまず、先に黒ぶた餃子到着。

Daihukuya007

まずはこれを一口…おぉぉ肉汁がすごい!口に含んで噛むと、じゅわっと口の中に広がります♪うまっこれ!!

Daihukuya005

そんなしてると、つけそば到着!

Daihukuya004

麺は太いけど、平打ちなんですね?そして、ツヤツヤ。

Daihukuya002

これをスープにくぐらせて…おっ!これはウマイ!!流行の濃厚豚骨魚介系ではありますが、そこに野菜の甘みがプラスされるとこういう味になるんですね?濃厚豚骨魚介としては、優しめな味わいです。

とみ田や椿やTETSUなどのガツンとストレートに濃厚なつけ麺をもとめている人には、もしかしたら物足りなく感じるかもしれませんが、これはこれでありかと。

麺は、う~ん…ちょっと茹ですぎたのか、もともとこういう食感なのか、柔らかすぎかなぁ?そこが残念だなー?…

水で締めて歯ごたえのある麺を別盛のスープにつけて食べるっていうのが、ラーメンに対してのつけ麺の存在意義だと思うので、そこのメリハリがしっかりしてないと…う~ん。

Daihukuya001

最後は恒例のスープ割りを。これは、スープがさっぱりと飲めておいしいんだけど、湯気で煮干のクセが少し際立ってしまうなー?!

濃厚魚介系のラーメン店としては、後発になると思うので、これからのさらなる進化に期待します!!

営業時間 11:30~15:00/17:30~22:00
定休日 月曜
TEL 03-3902-2372
住所 東京都北区赤羽1-18-4

|

« アントニオ猪木酒場 | トップページ | 木多郎 鎌倉店 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/44429124

この記事へのトラックバック一覧です: 大ふく屋:

« アントニオ猪木酒場 | トップページ | 木多郎 鎌倉店 »