« 椿屋珈琲店 池袋茶寮 | トップページ | HONER - 守り続けた痛みと共に - »

2007年4月 1日 (日)

横濱 くじら軒

Kujiraken

ここは見ての通り有名な横浜のラーメン店『くじら軒』さん。このお店の支店はここのところ何回か行ってる『品達』にもあるけれど、ここは…東京駅。

あっさりしたものが食べたいねー?なんて言いながら、東京駅をぐるぐる回ってたら見つけたんだけど、あったんですねぇこんなとこに…

場所は八重洲地下街の南側にあるラーメン激戦区よりさらに南にズンズン進んでった、地下街の終点。

いやね、地下街の地図見て、前からここに

『くじら軒』

なる名前のお店があるのは知ってたさ。

しかもご丁寧に、心の中で

        『 ( ゚Д゚) だーめだよ怒られちゃうよ、

                     あのラーメンの『くじら軒』に!』

             ↑ 焼き鳥屋かなんかだと思ってた・・・

なんて思ってたんだけど…

『 (;゚д゚) 本物だよ!!これ本物!!!』

ま、それはいっか。

とりあえず、ほかにコレ!っていう決め手のあるもの見つけてなかったし、いっぺん食べてみたかったので、お店に入りました。

くじら軒といえば、スープの透き通ったあっさりしたラーメンが信条。確か塩が一番有名だったっけなー?と思いつつも、入り口に『排骨麺(パイコーメン)』の写真が出てておいしそうだったので、注文。

ちなみに、スープはどのメニューも塩・薄口しょうゆ・濃口しょうゆの3種類から選べるとのこと。相方が塩にしたので、ぼくは逆に両極端に濃口しょうゆにしてみました。

Kujiraken_pakomen_shoyu

まずはスープから…スープ自体はやはり透き通ってて、あっさり目。濃口とは言ってもしょうゆの角が出てしまうような、つまらない味でないのは、さすが有名店。しっかりとした味つけでも、少しも嫌味がありません。

そこに排骨の風味が時間が経つごとに染み出てきて、こっくりした旨みがプラスされておいしい♪これは。麺を食べると同時にスープをすくうレンゲも進みます。かなり好きな味♪

麺は中細のストレート麺で、この透き通ったスープと相性いいです。結構細めんって、ポソポソと粉っぽいことがあるけど、この麺はもちもちしてていいですね。

最近食べたあっさり系のラーメンの中では、天神下の大喜と同じくらい好きです。飲んだあとに食べても最高でしょうなー?お店への行き易さ、混み具合からしたら、こっちのほうが来る率は上がりそうですね。

営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
TEL 03-3231-0807
住所 中央区八重洲2-1八重洲地下街南1号
URL 店舗ホームページ

|

« 椿屋珈琲店 池袋茶寮 | トップページ | HONER - 守り続けた痛みと共に - »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/14487514

この記事へのトラックバック一覧です: 横濱 くじら軒:

« 椿屋珈琲店 池袋茶寮 | トップページ | HONER - 守り続けた痛みと共に - »