« HONER - 守り続けた痛みと共に - | トップページ | 神田まつや »

2007年4月 6日 (金)

ひるがお 新宿御苑店

昼と夜で別の顔を持つラーメン屋として有名な、ひるがおに行ってきました。

Hirugao

とは言っても、このひるがおは本店からひるがおの部分だけが独立したお店なので、昼から営業を始めてスープ切れで終了。夜にせたがやになるわけではないそうな。

本店のほうは、夜になると醤油ラーメンがメインのせたがやになるんだけど、ここは昼夜問わず、塩・醤油の両方がたべられるお店。

場所は東京メトロの丸ノ内線で新宿御苑駅を2番出口からでたら、5分位のところにあります。ちょっと裏路地だし、お店もあまり目立たないので、初めてお店に行くならしっかり地図を見ていったほうが無難ですね。

13時頃にお店について、行列を覚悟してましたが、雨のせいかお店に着いてすぐに席には案内されました。

ここには塩ラーメンを食べにきたので、迷うことなく塩を注文ですが、炙りチャーシューって響きがおいしそうだったので、塩炙りチャーシュー麺を注文。

Hirugao_siochashu

当たり前ですけど、透き通ってスープがきれいですね。

まずはスープを…せたがやの醤油ラーメンがこれでもかというほどの魚ダシの強いスープなのに対し、こちらは淡いながらもしっかりと芯のある味のスープです。おいしい♪いくらでも飲めてしまいそう。柚子の皮が本当に淡くさわやかさをプラスしてるのもいいですね。

ベースにはやはり魚ダシの味を感じるのですが、同じくらい貝系のダシが良く効いてますね。葱の上に乗っている赤い粉末も貝柱をカリカリに揚げたもので、その香ばしさも心地いいです。

麺は中細麺と細麺を混合してあるようで、食感にアクセントがあっておもしろいです。もちもちした歯ごたえもなかなか。

具にもロース肉とバラ肉の両方のチャーシュー、白髪葱に刻み葱と対照的な食感のものを同時に味わえるにくい演出。これが、ひとつの器のなかで同時に楽しめるんだから、おもしろい。

なんだかラーメンってひとつの料理を食べてるというより、いくつかの料理を食べたような満足感を得られるのは計算か…だとしたら、すごい。

もう、次このお店に来たらつけ麺を食べてみたいなとか思ってます。

営業時間 11:00~
定休日 日曜
TEL 03-3341-0366
住所 東京都新宿区新宿1-32-4

|

« HONER - 守り続けた痛みと共に - | トップページ | 神田まつや »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

つけ麺付き合いますよ~

投稿: KomRock | 2007年4月 7日 (土) 11時49分

じゃ、次にシフト一緒になったら是非!

投稿: Cocoa | 2007年4月 8日 (日) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/14578131

この記事へのトラックバック一覧です: ひるがお 新宿御苑店:

« HONER - 守り続けた痛みと共に - | トップページ | 神田まつや »