« アルペンジロー | トップページ | ザ・タンドーリ »

2006年9月20日 (水)

麺屋武蔵 二天

麺屋武蔵といえばラーメン好きな人なら誰でも知ってる超有名店。その武蔵が行列店ひしめく池袋に支店を出していたので、ためしに行ってみました。

Musashi

場所は池袋東口を西武のイルムスの辺りから出たら右に。交差点に出るのでジュンク堂の隣のメガネ屋さんから路地へ入ってすぐです。大体駅からは5~6分かな?

お店の入り口に券売機があるので、さっそく購入。

ラーメン 700円
豚天ラーメン 850円
豚天飯 300円
トッピング 100~150円

麺屋武蔵は支店を出すときに個性をもたせるけど、ここは『豚天』という豚ロース肉の天ぷらをトッピングできるのが売り。なので、ここはやはり『豚天ラーメン』をチョイス。

内装は外壁と同じく深い色の木を基調としていておしゃれな印象。席はカウンター席のみで全部で10席くらいでしょうか。

ぼくは満席の状態から座ったので、料理の到着まで時間かかるだろうと本を読み始めましたが、麺が茹で上がるとおもむろに店員さんが

『 (`Д´) ノシ せりゃ!!!!』

とものすっごい勢いで湯切りを!!!

なんでも、あとで調べたら『飛燕』という名物の湯切りだとか。不意打ちなのでまぢでビビリました。

『 ( ; ゜Д゜) ドキドキドキ・・・・ 』

当然ぼくのラーメンが来るまで繰り返さるわけで・・・本読んでる場合じゃありませんでした。

しかし、すばらしいコンビネーションです。

麺の湯であがりの少し前に

『 (」゚□゚)」 上がりまーす 』

と声がかかると、一人は豚天を揚げ始め、一人はスープを器へ。

麺上げの時間が来るともう一人が飛燕を行って麺を器へ。

間髪なく豚天が揚がって、トッピングが手際よく乗せられてお客へ。

3人の息の合ったオペレーションが見ていて気持ちいいです。

Musashi_tonten

さっそくスープを・・・魚介系の醤油ラーメンと聞いていたので、あっさりなのかと思ったら、これがどっしりとしています!豚骨スープと魚介スープのWスープになっていて、魚介の旨みを豚骨の濃厚さで支えている感じです。なるほどこれが有名店になるべくなった味、おいしいです。豚天の香ばしさと衣の青海苔もいいアクセントになっています。

麺はうどんとも思えるほどに太く食べ応えあり。もちもちして歯ごたえがよく、麺屋というだけあっておいしいです。

トッピングの豚天は揚げたてが乗るので、噛めないほどにアツアツ!中華のパイコーに調理方法が似ていますが、カレー風味ではなくあっさりとしていて、なかなか。

今回、麺屋武蔵系列に初めていったけども、おいしかった。でも、今回行ったのはアレンジ店舗、本店にも足をのばしてみたくなったな。

□■□ お店の情報 □■□
営業時間 11:00~スープ切れまで
定休日 無休
住所 東京都豊島区南池袋3-14-12
TEL 03-5950-9210

|

« アルペンジロー | トップページ | ザ・タンドーリ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/11968616

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋武蔵 二天:

« アルペンジロー | トップページ | ザ・タンドーリ »