« 家系総本山 吉村家 | トップページ | 函館編 1食目 スープカレー喰堂 吉田商店 »

2005年12月 2日 (金)

トップ・クオリティー・オブ・カリー?

以前、横濱カレーミュージアムが出来た頃に初期メンバーとしてこのお店が入っていました。

■ トプカ 淡路町本店

051202_105419

たしか食べたおぼえはあるんだけど、記憶がおぼろげなので、職場から歩けないことない距離だし、がんばって行ってみました。場所は地下鉄丸の内線淡路町から2分くらい。路地裏なので、ちょっと見つけにくいかも。

さっそくお店に入ってメニューを見ると、印度カレーと欧風カレーでおっきく分かれてる。う~ん (´-ω-`)・・・ここは、ここの特徴がよくでてるっていう印度カレーかな。

『 (*゚ー゚)ノ ムルギカリーを!』

すると、

『 (゚∠゚ ) カライノダイジョブ?』

って聞かれたので、ひとまずダイジョブと答えときました。

開店直後だったので、ちょっとお店がばたばたしてましたが、次々に人が入ってきます。そしてどの人もなぜか『 カツカレー!』と・・・なんでも、テレビの特集ででたんだとか。そっちにすればよかったかなぁ。

お店がばたばたしてたので、時間かかるかな?と思ってたけど、すぐにでてきました。

051202_110507

あれれ?ここのところスープカレーに慣れてしまっていて、チキンレッグ1本が普通だったので、鳥肉すくなくてちょっと衝撃。左下の部分にから揚げくらいの大きさのムルギが1個入ってます。いかんいかん、今日はスープカレーじゃないんだ。

さっそく一口・・・

『 Σ(゚□゚;) 辛い!』

ぐわぁーっときます。同僚もかなりやられてるご様子。味は鮮烈ながらシンプル。複雑なスパイスの風味が駆け抜けていく感じではなく、直球で辛さが一気につきぬけていく感じ。

スープはというと、辛さに負けちゃってあまり味わえない
。・゚・(ノд`)・゚・。 でも、古典的なインドカレーだと思います。

どこかのWebでここの印度カレーはスープカレーに通じる部分があるって書いてたけど、ここを食べてみて、あらためてとろみのないカレーだからって、印度カレーとスープカレーを同類にするのは、ちょっと違う気がすると思った。

なので、同じ土俵で評価はしちゃいけないのかも知れないけど、ぼくはスープカレーの方が好みだなぁ。具の処理の繊細さやチキンレッグや野菜がごろっと入っている豪快さなど、やっぱり大きくちがいます。

言ってみれば『 クラシック 』と『 ロック 』と、どっちが好きか?みたいなもんだと思いますが。

ちなみに『 ・クオリティー・オブ・リー 』とは、このお店の名前『 トプカ 』の由来。

|

« 家系総本山 吉村家 | トップページ | 函館編 1食目 スープカレー喰堂 吉田商店 »

カレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120980/7463245

この記事へのトラックバック一覧です: トップ・クオリティー・オブ・カリー?:

» 「トプカ」の欧風ポークカレ〜。 [マサ’ズ ウェブサイト]
カレーの有名店 「トプカ」の本店(淡路町本店)に行ってきた。 (交通博物館のすぐ近く〜。) (日本橋から歩くと、結構かかったなぁ〜。) おいしい物の為ならと、ひたすら歩く。 (ウォーキングは体にもよさそうだ。) なかなか雰囲気のある店構えで 好印象。 (これが本....... [続きを読む]

受信: 2005年12月12日 (月) 10時12分

« 家系総本山 吉村家 | トップページ | 函館編 1食目 スープカレー喰堂 吉田商店 »